image

image

ペットボトルとゴム栓を使った最も簡単な水ロケットです。
ゴム栓にはコルクボーラーで穴を開けて、アルミかプラスチックの管(ボールペンの芯でもいけます)を差し込みます。管の外径は空気入れに取り付けられる太さでなければなりません。細い場合には写真のようにビニールテープを巻いて調整します。
ロケットは水との押し合いで進みます。水の量は多すぎて少なすぎてもいけません。写真くらいの水を入れてゴム栓をします。


image

少し空気を入れてから逆さまにし、さらに空気入れを押しながら発射を待ちます。中の圧力の上昇に栓が耐えられなくなると一気に飛び出します。いつ飛び出すかわからないのでひやひやどきどき。また、けっこう水がかかるので大はしゃぎになります。実に楽しい実験です。