image

「ペンキ屋の大冒険」というのは、都築卓司著の「物理のパラドックス」(ブルーバックス)の中で使われていた表題で、そこでの問題は、こんなものでした。
「ペンキ屋が引き上げるロープを自分で持って上がるゴンドラを作った。はたして、このゴンドラは可能でしょうか?」
この問題の答えは、「できる」です。他人が持ち上げれば乗っている人の体重分の力が必要ですが、自分で持ち上げると、何と体重の半分でいいという面白い問題です。問題解きだけではつまらないですから、ぜひやってみたいものです。滑車をつるす支点さえあれば簡単にできます。これは装置の全景です。

image

ここでは、実験室の壁にあった振り子実験用に作られた突起物を利用しています。滑車が落下すると危険ですから、安全には十分に注意してください。天井に人の体重が支えられるフックがあればいいのですが、ない場合は、教室入り口の鴨居などを利用してください。

image

これは、ゴンドラの部分です。板の4箇所に穴を開けてロープを通して下で結んで抜けないようにしてあります。