image

バットの両端にアルミホイルを取り付けて電極にします。電流量が少ないときは食塩を少量溶かして下さい。
バットは大きい方がみんなで楽しめます。

image

スライダックの出力は片側がアースになっているため感電する恐れがあります。2次側コイルを浮かせるためにトランスを間に入れます。

image

水面は、一様な電場の形になります。等電位面に沿って指を置けばセーフ!

image

等電位面に垂直に指を置けばビリビリ!!
当然人によって感じ方は異なります。

image

電位の違いをLEDで確かめることもできます。同じ電位の場所にLEDの両端を入れれば光りません。

image

片方を動かせばLEDは徐々に明るく光ります。