image

「教室いっぱい・・・」は、ジャンボな変圧器です。1次コイルは、太目のビニール線を10〜20巻きくらい。
この写真のように、黒板に巻いてしまって常設コイルにするといつでも使えて便利。

image

コイルに流す電流は、スピーカーを鳴らす程度の大きさでなければなりません。アンプで増幅してもいいですが、写真のように、こわしてもよさそうなラジカセのスピーカーへのリード線を外部に出してしまって、それをジャンボコイルに接続するのが簡単です。

     
image

2次コイルは、釘に被覆線を巻いて、イヤホンをつけるか、スピーカーの入力端子をショートさせただけでもスピーカーから音が聞こえます。写真のように、木枠に被覆線を10巻きくらい巻いたものを作っておくと便利です。これらをギターアンプに入力すると,結構遠くでも大きい音が聞くことができます。木枠の向きを変えることによって磁力線の向きがわかるので、正に磁力線を見たような気がします。Let's try!