用意するのは、ゴミ袋(50L)、針金、ピアノ線(省略可)、アルミホイル、ティッシュ、エタノール、スポイト。ゴミ袋は厚さが0.025mm程度の薄いものを利用します。針金は細い鉄線を使います。ピアノ線を省略する場合は飛ばすときに袋の口に火が燃え移らないかを注意しなければいけません。

image
image

(左)燃料を入れる器をアルミホイルを作り、針金を十字に通して落ちないようにします。そして、中にティッシュを折って入れます。
(右)袋に針金の端をしっかりととめます。どの場所への固定もセロテープの使用は不可です。


image

注入するアルコールは2mL程度。注入後にライターで着火します。この写真のように袋が倒れないように上から持ちます。ピアノ線を省略した場合は袋が膨らむまで袋の口を広げていてください。(一人ではできません)

image

しばらくして浮き上がり始めたら手を離します。以下は注意点です。
・袋に引火しないように袋が横倒しにならないように姿勢を制御してください。糸をつけると安全です。
・火を消すための濡れ雑巾を用意し、消火はぬれ雑巾を上からかぶせる形で行ってください。
・途中で燃料を継ぎ足すことは絶対にやめてください。