膜による光の干渉は、膜が薄いのが常識ですが、レーザーのように位相のそろった波の広がりが大きい光を利用すればガラス板のような厚さでも干渉模様を観察できるという実験です。

image

当てる光は広くなければなりません。そのために凸レンズを2枚重ねてレーザーの前に置くことによってビームを広げます。市販のビームスプリッターがある場合はそれを利用してください。

image

焦点距離の小さいレンズを用いてください。焦点距離5cmくらいのレンズを用いるとレーザー光のビームはごらんの通り、直径20cmほどになります。

image

暗い写真ですが、ガラス板をスタンドを利用して立て、ビームを斜めに反射させてスクリーンに映そうとしています。

image

これがスクリーン上の映像です。光を当てる場所を変えて干渉模様を探します。これは円形状に厚さが異なる場所です。まるでニュートンリングを見ているようです。Let's Try!