いわゆる“空気砲”は科学イベントやお楽しみ実験の定番です。煙をダンボール箱に入れて側面をボンとたたけば、リングが勢いよく飛び出していきます。ここのネタも空気砲なのですが、煙のリングがゆっくりと進むというもので、リングがじっくりと観察できたり、穴の形を変えればいろいろな形の渦輪ができ、その形が変わるのが観察できるという優れものです。

image

image

(左)ダンボールの側面をたたくのではなく、写真のようにジャバラをダンボールの背面につけてこれを押すことによってゆっくりと空気を押し出します。
(右)前の穴から煙を入れます。ここでは、スモークマシーンを使いました。


image
image

ジャバラを押すと煙が飛び出し(左)、それはゆっくりと進んで行きます(右)。写真での紹介は難しいですが、穴が三角の場合は、上向きの三角と下向きの三角の間で振動をするように形を変えます。

image

穴の形を変えられるようにしておくとグッドです。これは四角です。四角いままでは進みません。さてどのように変化するでしょうか?それは作ってのお楽しみにしておきます。