3つの電球と電池を使った問題です。「抵抗の直列・並列?」などと公式をあてはめようと考えている生徒には難しい問題となります。しかし、電位が理解されている生徒にとってはいとも簡単に解答が得られるという素晴らしさがあります。以下は実験の写真です。解答がわかってしましますので、なぜかを考えてください。

image

装置を3つの電球(3V用)と乾電池3個(4.5V)で作ります。このように、ボードに貼ってしまうと教室で演示するのに便利です。
回路を作ると、直列なので1個の電球には1.5Vの電圧しかかからず、暗くしか光りません。

image

さて、電池の−極と左側の電球の間を導線で接続すると、一番左の電球が明るく光り、右の2つが消えます。
その理由はわかりますね。左の電球の両端の電位差は4.5Vになり、消えた2つの電球の両端の電位差は0だからです。

image

つぎに、電池の+極ともう一方の電球の間をつなぐと・・・?!
すべてが明るく光っています。さてなぜでしょう?!



詳しくは、「いきいき物理わくわく実験3」p.94をご覧ください。