ふしぎな空間「エイムズの部屋」

ここで紹介するエイムズの部屋作成方法の特徴は、バックの壁の描き方を光の投影で作っていることです。ここが私たちのオリジナルな部分なので写真で補足をしておきます。ただし、バックの壁は記事とは異なり、平面にしています。曲面でももちろん可能です。

imageimage

いきわく3(左)掲載のエイムズの部屋のサイズにピッタリのダンボールを見つけましたので利用しました。

image

約30cm×約20cmの透明シートにバックの壁の絵を描きます。ついでに、床のタイルの位置もも等間隔で目盛りをつけます。

image

のぞき穴にLEDを突っ込み、バックの壁に投影し,鉛筆でなぞります。

その後、壁を外して机の上でペンで線を入れます。

image
image

組み立ててのぞき穴から見るとこのように。どう見ても普通の部屋です。そして、右端の大きな人形が左端に移動すると小さな人形に変化!!

Web上で様々なエイムズの部屋の設計図を見つけることができますが、以上のように、シートに描いた絵を壁に投影してバックの壁を作ればどんなデザインにも対応でき、あなたのオリジナルなエイムズの部屋も可能 !! ぜひチャレンジしてください。