image

これが元祖「エコーマシーン」(既製品)です。「電池なしでカラオケマイクになる」がふれ込みでした。中が見えませんが、激しく振動を与えるとばねの音が!

image

中身がわかれば一気に発展します。ペットボトルをつなぎあわせて、両端にプラコップをつけて、ばねでコップ同士をつなぎます。これで性能のよいカラオケマイクのできあがり!実に気持ちよく歌うことができます。

image

「これって、ばねを波が何度も行き来して残響ができるんだよね。だったら、ばねを長くしたら・・・こだまができるはず!!」
てなわけで、長いばねでプラコップをつないで片方から叫ぶと、なななんと、こだまが聞こえます。Let's try!